マレーシアの語学学校2

British Council ブリティッシュカウンシルについて さて、ELSが授業料値上げ&スピーキングの授業が少なかったため、最後の一ヶ月はツインタワー目の前にあるブリティッシュカウンシルへ通ってみました。 授業希望開始日一週間前でしたが、無事申込ができました。(時期によって満員になってしまうようなので、もちろん早め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マレーシアの寺院たち(さすが多国籍!)

マレーシアは中国系も多いので、春節の時期はどこも賑やかでした。 (もう2ヶ月も過ぎてしまってますが‥) いたるところでタイガーダンス。 そして、アジアで見かける、仏像のお店。 マレーシアにはイスラム教、ヒンドゥー教、仏教の寺院がそれぞれあります。 中でもやはりイスラム教とヒンドゥー教がインパクト大。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マレーシア日記1

早いもので、マレーシア入りしてから2週間経ちました。 語学学校も始まり、未だに全く授業についていけず‥ 平均的な1日のタイムスケジュール 6:30    起床 7:30    朝食 8:15    出発 8:30    授業開始 12:30  午前授業終了 13:00  ランチ 13:30  午後授業開始 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

女一人でマレーシア留学へ!(自力で手配)

<マレーシア備忘録-1> こんにちわ。 私は、今回のマレーシア留学では、留学エージェントを通さず、手配を全部自分で行いました。 東北の田舎に住む私の周りには、語学留学をした人もおらず、ほとんどインターネット&英会話スクールの先生(インドネシア人)の情報を頼りに、無事、入学まで辿り着けたので、そのときのメモをしておきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マレーシアでやりたい10のこと

あけましておめでとうございます。 今年は本厄‥ですが六世占術では「達成」という最高の年。 気にせずやりたいことをやっていきたいです!! まずは2月〜4月にマレーシアへ語学留学(&スケッチ修行)へ行ってきます😄 なぜマレーシアかというと‥ 1、語学勉強はもちろん、様々な文化に触れたいと思…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2017年賀状

来年は酉年。今年も消しゴムはんこで行く予定です。 鳥‥ニワトリを使用する方が多い気がするので、ここは、派手好きとしては孔雀で・・・ まず、写真からスケッチしてみる。 それを版画の下絵用に描き直して‥ デザインカッターと三角の彫刻刀で彫る。100円ショップの専用消しゴム使用。 彫刻刀は今年購入。やはり専用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山・忍野八海へ

忍野村へ行ってきました。観測史上初・11月の積雪の日に‥ -3°の世界‥にも関わらず、名所の忍野八海には中国人の観光客がちらほらと。 雪の中で見る事ができたのは、ラッキーだったということにしておきます。。 次の日は晴天! 雪の上に落ち葉。不思議な光景‥秋はどこへ行ってしまったのでしょうか‥ 富士山もばっちり。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポンピデゥー・センター傑作展

閉幕から2ヶ月程たってしまいましたが、東京都美術館で開催された「ポンピデゥー・センター傑作展」へ行っていたので、備忘録のため、感想を‥ 展覧会のコンセプトが分かりやすく、とてもよかったです。 1906年から1977年までの各年、1年、1作家、1作品をルールとして展示されていました。 あまり知られていない作家との出会いがたく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水墨画

『竹内敏信の熊野古道』(竹内敏信・出版芸術社)の写真集より、水墨画の練習。 飛雪の滝 布引の滝 聖域 ようやく水墨画の基礎の本を読む時間ができ、描法や墨の濃さ、筆への墨の含ませ方を知りました‥ 特に水墨画独特ともいえる「没骨法」(物の形の輪郭ではなく中身を描く表現法)は、やってみるとこれまた全く思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2度目の退職

さて、来月11月15日付で、約2年半お世話になった、広告代理店を退社することになりました。 ここにくるまでは色々と葛藤がありました‥ 前職は居酒屋の店長というサラリーマン経験ゼロ、ビジネスマナーもメールの送り方もわからない自分。 東京で上手くいかない転職活動。 拾ってもらった、という気持ちが大きくとても感謝しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフリカの彫刻展2

前回よりアフリカの彫刻を描いてます。 せっかくの「彫刻」、量感を掴みたいので、今回はデッサン風で線をかいて見る。 (絵手紙では通常、しっかりした一本の線で描くのが好ましいと言われている) ‥線というより、彩色に課題あり‥
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフリカの彫刻展・図録より

さて、仕事も辞めて時間ができたので何か描きたいとモチーフ探しに図書館へ。 すると、1993年に開催された「アフリカの彫刻展 カルロ・モンズィーノコレクション」の図録が。 ‥なんて創作意欲を掻き立てる造形の数々でしょうか‥ こういうものは、一見怖い、気持ち悪い‥と思われてしまうのですが、それらの一言では語れない『何か』が潜ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

織部の器

図書館で、『古田織部の陶工たち』(宮帯出版社)を借りました。 織部好みの素朴でベーシックに見えるのに、何か気になる・現在見てもオシャレ‥な器たちの写真が掲載されております。そこからの模写です。 さて、今週をもって現在の会社を退社することになりました。 最後の引き継ぎ、緊張感を持って、しっかりしていきたいと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デスクペンでかく

さて、先週は憧れの森川翠水先生の個展&教室の展覧会へ行ってきました! 実際にお話もできて、自分も描かねば!という気持ちが高まりました。 今まではにじまないピグマペンを使っていたのですが、にじみを出すために「デスクペン」(学校の先生とかが使っている、カジュアルな万年筆。小学校の硬筆の授業で使用するもの)で試してみま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大白隠展

先月、東北歴史博物館へ「大白隠展」へ行ってきました。 博物館がある多賀城市は、スタバ併設の「TSUTAYA図書館」や「多賀城市世界絵本フェスタ」など、最近知的・文化的方面に力を入れている印象。 「東北歴史博物館」もガラスをふんだんに使ったベンチや、移築された茅葺き屋根の建物があったりと見所も満載。「白隠」を持ってくるあたり、なか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台生活を振り返る(人生悩みは付きもの)

梅雨ですね。 色々と考える所があり、過去の日記を見ていたら、2013年以降、振り返りをしていないことに気付きました。 転職して丸2年経ったということもあり、一度、仙台生活の振り返りをしてみました。 【2014年】 ◆3月 仙台の中小企業へUターン転職。決め手は、 ①そのままの自分を役員面接で出して、必要としてくれ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

意連について

まずは森川先生模写の模写を‥ このページでの一言は「意連」(いれん)について。 意連とは、実線としてのつながりではなく、筆の動きや勢いがひとつの流れとして連なり、線と線とが互いに響き合い調和すること、だそうです。 絵手紙でいうところの「線の呼吸」。また、それが難しいのですが‥ この感触のまま、月刊月刊絵手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more