Etegami_Labo 絵手紙をかこう! ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の一人旅(1日目 新潟市)

<<   作成日時 : 2014/09/23 15:19   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、急な連休ができました。
日々に追われ、何をしようかと考える時間がなく、休みの前日。
(その時の気分、直感をとても大切にする人種なので、前もっての計画は苦手という事もある)
いよいよとなって、「そうだ、日本海を見に行こう」と思い立ち、新潟行きのバスのチケットとビジネスホテルを取ったのでした。。

新潟市に着いたのは午後3時過ぎ。
画像

日本海の気配は感じるものの、どうやって近づけばいいのか、分からない。
そもそも、夜の海って危険じゃないか‥?
着いて早々、ベンチに座って情報収集。
すると、 新潟で夕日を見ようなるサイトを発見。
今日の日の入りは17時45分との事。
夕日スポットとして「マリンピア日本海」か「山の下みなとタワー」へ目的地を絞る。
バスの時刻表を見ると、マリンビア日本海へ行くバスは終了している‥
確かに閉館時間後に向かうバスなんて需要ないよな‥
ということで、山の下みなとタワーへ。
日の入りまでまだだいぶ時間があり、タワー前の公園では親子連れが楽しそうに遊んでいます。
若干の場違い感を感じながら散策していると、どうやら信濃川を挟んだむこう岸の「入船みなとタワー」へ地下通路で歩いて行けるらしい。
だいたい15分くらい。
画像

画像

‥けど、この閉鎖された直線はちょっと怖い‥

入り船の方はひっそりとしておりました。
とにかく早く目的の日本海に早く会いたいと、とにかく夕日に向かって歩きます。
画像

‥海浜公園のような所を抜けて、ようやく砂浜へ。
(ここら辺は電灯も少なく、日が落ちたらヤバそう、と帰りのチェックも抜かりなく。)
岸壁の所には釣りを楽しむ人の群れが。
少し離れた所に陣取り、写メを撮りながらぼうっと日の入りを待ちます。
画像

画像


岩にザッパーンというイメージの日本海は、意外にもとても穏やかでした。
こう、打ち上げられたままの船とか、鉄パイプとかにときめく。
画像

日は消え入る間際に細長く赤い光を放ち、夜を連れて参りました。

さて、日が落ちたら一気に暗くなります。市街地ならまだしも、こんな車でしか来れないような所は危険なので、早足で新潟駅行きのバスを目指します。最寄りのバス停は「入船営業所」。最寄りと言っても、普通に住宅地の中を通ります。
画像

こういう所が気まま旅のよい所。
画像

市内繁華街のビジネスホテルにチェックインし、夕食へ。
感じのよさそうな居酒屋でちょい飲みセット。
画像

明日は会津若松へ抜ける事、交通手段、そこでの宿の予約だけはかろうじて行い、睡魔に勝てず一日目は終了。。
画像

とにかくバス待ちに時間を費やしましたが、まぁそれも旅の醍醐味。


出費
・新潟ー仙台 高速バス ¥4600-
・新潟市内バス運賃 ¥500-くらい?
・宿泊費 東横イン新潟古町 一泊朝食付き \5400-
・夕食 美酒食彩 郷 ¥2600-
・雑費 ¥1000-
1日目 計 ¥14,100-

2日目 北方文化博物館→会津若松へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋の一人旅(1日目 新潟市) Etegami_Labo 絵手紙をかこう! ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる