Etegami_Labo 絵手紙をかこう! ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS スケッチの夏

<<   作成日時 : 2014/08/03 19:41   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

仙台市博物館の庭?へスケッチ行ってきました。
蝉が鳴く中、きらめく木々の木陰でのスケッチ、最高です。(暑いですが‥)

仙台人としては、これを描かなければ始まらない?
画像

兜にホワイトを入れてみました
画像

自分は、銅像とか、仏像がすきです。
画像

エントランス前にあった彫刻。
画像


博物館では「奈良・国宝 室生寺の仏たち」開催中でした。
私は京都の洗練された美も好きですが、どちらかというと、原始的で素朴な奈良が好きです。

展覧会memo
・釈迦如来坐像‥入ってすぐある像です。肘や膝を外に張り出し、周囲に大きな空間をつくっている。
→自分の周りに「空間」をつくるのは主役の条件。これは描く時の構図の取り方に応用できますね!
・宀一‥宀は「室」のうかんむり、一は「生」の最後の一画で、室生を意味する秘密の名前。
「宀一山」(読み方:べんいちさん)で室生山のこと。秘密の記号‥さすが「密」教。
・17〜19世紀の木版画‥とても細かい。昔の寺、宗教の広報的な役割を果たしたのでしょうか。
僧籍にあって、主に仏教絵画の制作や仏像の彩色などに従事した絵仏師(えぶっし)もいましたしね。
・十二神将‥13世紀(鎌倉時代)新薬師寺のものに比べて、小ぶりで動きがコミカル。(1m弱位の高さ)
・薬師寺如来立像‥10世紀(平安時代)優しく、優美。戦いの時代の前時代だから?
・十二面観音菩薩立像‥9〜10世紀(平安時代)見下されてる感がすごいです。目の表現、背の高さ、絶妙な目の開き具合。モナリザがどこから見ても目が合うのなら、これは何処から見ても見下ろされます。まとっている空気の神々しさが凄いです。真面目に信仰しなければ‥という気分になります。
・地蔵菩薩立像‥10世紀(平安)素朴です。お顔ものっぺり。後年のものと違ってまだ「木」感があります。


奈良・国宝室生寺の仏たち
仙台市博物館
2014年7月4日(金)〜8月24日(日)
http://murouji.exhn.jp

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スケッチの夏 Etegami_Labo 絵手紙をかこう! ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる