Etegami_Labo 絵手紙をかこう! ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 島根県T(足立美術館・出雲大社)

<<   作成日時 : 2013/10/24 18:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2日目は鳥取県三朝温泉より島根方面へレンタカーで向かいます。

8:00
出雲市へ向けて出発です。
台風が来ているという事で、明日にする予定だった出雲大社を前倒しです。
11:30
安来にある「足立美術館」へ。日本庭園と横山大観の収蔵品で有名です。
このお庭はすごい!規模も完成度も完璧です。
この計算された構図。
植物は色、開花時期、材質感、配置、高さ、造形と、至るところにまで
これ以外の場所はありえない、というくらいの収まりです。
まさに「完璧」「永続性」「情感」。
どこを写真で切り取っても美しい。
画像

画像

借景の見事さ。滝もつくってしまったそうです。
画像

画像

その空間に入った瞬間に時は止まり、俗世と切り離されたこの大空間に魅了されます。

この木の位置。一見邪魔に見えますが、これがあるからこそ奥の広がりが増大されます。
画像

これ、掛け軸ではなく、窓で外の景色を切り取っているだけなのです。
画像

小堀遠州とか、そういう有名な庭師のものかと思っていましたが、創設者の足立全康さんが指揮
したというから驚き。美術館の経営が苦しいときに、自分で何万枚と色紙を書き、来場者にプレゼントした、というエピソードもあり、自分が動いて解決していく様は、ほんとに人格者だなぁと感心しました。

何かで成功する人は、総合的に秀でているもんなのですね。

美術館自体は道を隔てて本館と新館とあります。

観光バスが何台も来ており、賑わっていました。
横山大観は、私はあんまり‥なのです‥
芸術は、その時の自分の状況で感じ方は変わるので、
今の私は大観じゃないってことなだけですけどね。
でもハマった時は、ほんとにその人の人生を変えほどの力を持っています。
足立さんにとって大観の「紅葉」がそうだった。
同じものを見ても何も感じない人と、それがきっかけで成長する人がいる。
それに出会った時に「気付ける」自分自身の下地をつくっておくことは大切だと思いました。

お昼は割子そば。
画像


14:30
出雲大社到着。
白い鳥居なんですね。台風の影響であいにくの曇り空ですが、それがかえって「霊山」感を引き立たせます。
画像

画像

参道。
画像

画像

画像

二の鳥居?をくぐると並木が続きます。
画像

画像

画像

画像

画像

神子さんは遠くからでも、本殿の正面を通る際は立ち止まって一例していました。
そして並ぶ‥
画像

みんな大国主命と同じポーズをして写真を撮っていました。
画像

小さいお社がいくつもあって、何がなんだかよくわからない‥
画像

画像

でも神社って、ご神体の依り代のわけだから、それ自体の建造物がすごいとかっていうわけじゃないんですよね‥?
画像

画像

画像

画像

画像

画像

全体的にもわーんとした静かな湿気(天気のせいともいう)に包まれていて、雰囲気満点でした。

18:00
出雲市内のホテル到着。
せっかくなので電鉄に乗って夕食に地元の居酒屋風の天ぷらやさんへ。
画像

画像

早い時間だったのか、居酒屋探しが難航。
帰りはやっぱり雨が降ってきてしまいました。
大浴場があったのでゆっくり浸かって早めに就寝。

明日は世界遺産の石見銀山へ。

出費(概算)

足立美術館 入館料 1800円
ホテル武志山荘(朝食付き) 7,000円?
一畑電鉄 190円

紅茶ソフトクリーム 200円
割子蕎麦(お昼) 1,000円
出雲大社 縁結びお守り 1.000円
お賽銭 100円
おみくじ 100円
てんてん亭(夕食) 3,000円?

お土産
庭園絵はがき3枚 300円
起き上がり絵付け木鞠 680円


計 約15,370円 (レンタカー・ガソリン代は除く)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
島根県T(足立美術館・出雲大社) Etegami_Labo 絵手紙をかこう! ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる